SSブログ
前の10件 | -

「冨貴寄(ふきよせ)」で福あつめ [茶余飯后(和スイーツ)]

銀座菊廼舎の「冨貴寄(ふきよせ)」をお取り寄せ
ふきよせ.jpg
『ことほぐ』缶
「寿ぐ・言祝ぐ」
とくに慶事があるということもなく、食べたくて・・・。
ふきよせ1.jpg
「冨貴寄で福あつめ」
できたら『福や冨が、ふきよせて』ほしいです。
 
お干菓子はコーヒーにもよく合います。
ふきよせ2.jpg
一重結びした砂糖菓子が可愛いらしい。
 
こちらは、2018年の「開運干支缶」
ふきよせ4.jpg
「松竹梅」に「まねき猫」や「鯛」と「めでたいもんづくし」
ふきよせ3.jpg
この年の干支は「戌」だったので
2018年戌.JPG
中央にある薄焼き煎餅の柄が「ワンコ」
富士山を背に遠吠えをしているみたい。
(よく見ないと分かり難いデス)
 縁起の良い形をした和風クッキー(ひょうたんや小槌)、金平糖、豆菓子などの数々。
 江戸の職人さんの技による和菓子作り
ひとつひとつに込められた愛と和のこころを感じとれます。
 
消費期限が50日から90日になったようですが
まだ、旧表示の年月日の期限でした。
そして、届いた時点で2カ月もない状態。
期限が短めなのが弱点かな・・・。

南蛮菓子とシャトレーゼ(お菓子の城山) [★茶余飯后]

数週間前、初めてシャトレーゼのお店にゆきました。
 
 10年以上前から、何度かシャトレーゼのお菓子の詰め合わせをいただくことがありました。特徴のある店舗は、別府市内にもあり。店の前を通りがかることはあっても、立ち寄ることはありませんでした。
 ところが、春先に家人が「シュークリーム」を買ってきてくれ、パッケージを見て、あらら~です。「さかえ屋」が製造者。ケーキも一緒に買ってきてくれ、子どもが、お小遣いでも買えそうなリーズナブルな価格だったというのです。
 関連会社になった「さかえ屋」の名前にもひかれて、シャトレーゼの店舗近くに行く用事(機会)があり、寄ってみました。
 店内に足を踏み入れると、「As Tears Go By」のBGM(インストルメンタル)が聴こえてきて~・・・。流れるメロディーに思わず、「きゃっ!!」と心躍らせながら店内を見回すと、和菓子と洋菓子の「お菓子の山」がある。その上「アイス」に「ワイン」まであって、その品ぞろえに面食らってしまい・・・。
『何が何やら、何を買うやらという感じになりまして・・・わて』
 
わての大好きな「さかえ屋」の代表的な銘菓
「なんばん往来」はなかったけど。
それに近いお菓子がありまして・・・。
なんばんサンド1.jpg
「九州由来菓子」『なんばんサンド』
「シュガーロード・キャラメル」と「博多あまおう」
 
なんばんサンド2.jpg
お皿に盛ったら
どっちがどっちか、わかりまへん。
しっとりチョコとサックリパイが同居。
 
わての好みは「博多あまおう」
苺の甘酸っぱさがお口に広がりました。
 
 ところで、西鉄某駅の西口にあった「さかえ屋」が閉店し、数メートル先で「シャトレーゼ」として姿を替えて、営業をしていると知り、恐るべしシャトレーゼ「お菓子の城山」・・・と思う、わてです。

『抹茶 鶴乃子』まっ茶っちゃ・マジック [茶余飯后(和スイーツ)]

抹茶と名がつくと、食指が動いてしまう
抹茶の『まっ茶っちゃ・マジック』
鶴乃子抹茶1.jpg
 4年振りの販売という「抹茶 鶴乃子」を家人が買ってきてくれました。
 
 この抹茶もん、発売当初(2013年)から、もともと「小ぶり」だったのですが、さらに小さくなった感がいたします。←目の錯覚だと思いたいのですが・・・。
鶴乃子抹茶2.jpg
外包装のデザインも変わりました。
 
ほんのり抹茶色のふわ生地と抹茶練り込みの餡は
お変わりなく、美味しかったです。
 ふんだんに八女産のお抹茶を使っているというだけのことは、あるようです。
 
 実は、つい先日、熊本の和栗を使った銘菓「栗千里」をお取り寄せしたのですが、この「和モンブラン」に付属されていた「プラスチックスプーン」が消えておりました。エコロジーの観点から不要にしたのかしら?と思いましたが、もう完全にスプーンで食べずにすむ大きさになってしまったようで・・・。世知辛い、価格高でございます。

端午の節句は「こいのぼり」 [茶余飯后(和スイーツ)]

端午の節句には「粽と柏餅」がつき物だけど。
 縁起物として食べたことはあるけれど、兄弟のいない家族構成だったので、もともと縁が薄く。柏餅は主に「こし餡」ということで・・・どなたからか頂戴しないかぎり、買ってまで食べることはないスイーツ。
 
 ところで「端午の節句」の日、すなわち「子どもの日」に「こいのぼり」のお菓子を食べました。
こいのぼり1.jpg
「こいのぼり」の形をした、焼き菓子(亀屋万年堂)
シャトレーゼのお店で見つけました。
 
 ナボナの亀屋万年堂さんが、シャトレーゼの関連会社になっているのですね。恐るべし、シャトレーゼさん・・・。
こいのぼり2.jpg
包装の青いほうは「小倉クリーム」
赤いほうが「苺餡クリーム」
餡クリームとお餅がドッキング
 
季節柄、苺餡クリームもよいけれど
わたしは、粒あんの小倉クリームのほうが好きです。

タグ: 和菓子

髪に花を飾って◎モンタレー・ホップ◎ [☆映画(Cinema)]

『モンタレー・ポップ』一週間限定で一日一回上映

 「サンフランシスコへ行くならば、忘れないで花の髪飾り」
モンタレー・P.jpg

 「花咲く音楽の宴」
「ゴキゲン音楽が、てんこ盛り」
 
 午後から映画を観に行く日の朝、「髪にお花を挿していこうかな~?」とつぶやくわたし。「いいんじゃないかい。」と言う相棒。ちょうど、庭にはオレンジ色の「クリビア(君子蘭)」、ピンクの「平戸ツツジ」と「ローズゼラニウム」、紫色の「バビアナ」、白い「イベリス」が咲いている。ベルベットのような風合いの「バビアナ」はサイケデリックな雰囲気がする。どれにしようかと迷ってしまう~。もちろん、本気じゃないです。そんな花飾りのオバハンが街を歩いていたら、危ないヒトに見られかねないです・・・ハイ。
 
「花の髪飾りの女性客は、鑑賞料金割引!」なんて遊び心のあるサービスがあったらよかったのになと思いました。(女性客が極めて少なかったから、そう感じた次第です。)
 
  ポピュラー音楽が、ポップスからロックやワールドミュージックに移る黎明期を感じ取れました。
 
 アラン・ウイルソンのスライドギターが拝め、少しばかり控えめに熱唱するジャニス・ジョプリンが、初々しかった。ヘルメットを被り、気合の入った、カントリー・ジョーは超サイケでかっこよく、オーティス・レディングの歌に引き込まれた。
 エリック・バードンとアニマルズの「黒くぬれ」は、アバンギャルドなフィドルがたまらなくカッコよかった。グレイス・スリックお姉さまの歌も、もちろん最高。
 全体的に、エフェクターを駆使していないギターの音が、うねりをきかせていた。この時代の小細工なしのストレートな音の響きが、痛快で小気味よくて、ゾクゾクした。やっぱり、生のエレキギターって、こんなに痺れるものなのね(電気だけに・・・)。
 ジミヘンのノイズと紙一重の歪み音ギター。観客に背を向けスピーカーに挑みかかる姿はまるで、天照大御神が岩戸にお隠れになったため、「天岩戸開き」をする「天手力雄命!!」 ギターに火を放つという儀式を通じ、「眩しく差し込む、新しいロックの光、その幕開けを目撃した!」って感じだった・・・と、何やかやと楽しみました。
 
ブライアン・ジョーンズに目をひきつけられるのは
憧れの君(ロックスター)だから、しょうがないです。
ブライアン・ジョーンズ・モンタレー.jpg
「もっと、映してほしい!」と心の中で叫びっぱなし。 

「御衣黄桜」~ラクテンチ~ [☆旅空百景]

 「桜まつり」が終わっても桜花(さくらばな)が楽しめたラクテンチ

御衣黄桜1.jpg
子どもの日も近くなり、鯉のぼりが登場していました。
 
再び、ケーブルカーで登り、遠足気分のお花見スタート。
この日の目的は「御衣黄桜」でした。
 
御衣黄2.jpg
緑色の八重咲桜「御衣黄(ギョイコウ)」
名前の由来は、貴族の装束「萌黄色」に近いからだそうな。
それを知ると、なんだか高貴な雰囲気の桜だわっ~と・・・。
 
御衣黄2 (2).jpg
別府タワーと御衣黄
ラクテンチ 御衣黄.jpg
高崎山と御衣黄
別府湾を見下ろす、絶景からのお花見です。
 
 散り際の桜、桜吹雪寸前、葉桜と
様々な桜花(さくらばな)の宴が楽しめました。
御衣黄3.jpg
 
 テナガザルの「チョコ」お父さん
 お顔が誰かに似ているな?と思っていたんですが
・・・・判明。
チョコ.jpg
 古民家カフェ巡りが趣味の「真田ハル」さん。
 
太陽君.jpg
 
 ミーアキャットの太陽くんは、日向ぼっこ。
 
 
 うららかな春の日差しの中、動物たちものんびりとして過ごしていました。
 
 アンデスコンドルのキングくんは、「牛肉と馬肉」の食事をしていました。この時期、寒暖差がストレスになって羽根が傷んでいるようだと伺いました。
 いつもながら、動物のお世話は大変なお仕事だなぁと思いました。 

ラクテンチの「桜まつり」とサクラ そして「桜花賞」 [☆旅空百景]

桜まつり・ラクテンチ.jpg
今年のお花見は「ラクテンチの桜まつり」へ
花曇りでソメイヨシノは、少し散り始めてはいましたが
 スギ花粉飛散の終盤が早めだったので、目の症状に悩まされず、マスク装備(2枚重ね)で、お花見を楽しみました。
ラクテンチ・桜祭り.jpg
桜とキリンの親子さん
ラクテンチ・サクラとキリン.jpg
(ホンモノのキリンではありません。)
昔は、ゾウもキリンもいて、餌やりもできました。
ゾウさんは、掃除機のノズルみたいにお芋を吸い込んで
「キャッ!」
キリンさんに餌のリンゴを食べさせてようと近づいたら
長くて黒いグロテスクな舌を差し出されて
「ギャャーぁ!」
なんてこともありました。
 
現在は、ロバとヤギに餌(人参)やりができます。
ロバのロロ.jpg
ロバの名前は「ロロ」
 若い女性客(高校生くらい)に、ちょっかいを出しているのを目撃。きれい好き男子です。
 
餌を買おうと、お財布を出してたら
何やら視線を感じて・・・その先には
山羊さん.jpg
ヤギさんたちが、柵から顔をのぞかせていました。
 「はよ、頂戴な~」と「待ち受けモード」
 歯をむきだして、まるで笑ってるみたいで(Grin Grin)可愛いらしい~健気さに思わず、大笑いしちゃいました。
 
この日は、1972年にチンパンジーのサクラが来園した日。
 
 お昼の食事に、好物のキウイフルーツ・ブドウ・オレンジ(サンクイーン)が用意されていました。美味しそうに食べるサクラさん・・・良かったね~!!
さくら祭りのサクラ.jpg
ラクテンチに来てから、53回目の桜まつり。
穏やかに桜のシーズンを過ごしていたサクラでした。
 
 数年振りに「あひるの競走」の「障害物競走」レースに投票して(賭けて)みました。ひゃーーっほー!、投票したアヒルが優勝したのです。
あひるの競走.jpg
初めての予想的中!!
 
 子どもの頃、当てたら「ハンカチ」のお土産がもらえていました。ハンカチをゲットした子は羨望の的だったなぁ・・・。大人になって幾度かチャレンジしても全然、ダメでした。何十年も当たったためしがないから、ほぼ諦めていました。
あひるの競走 アヒル笛.jpg
 ハンカチがなかったので、アヒルの口をした可愛いホイッスルをいただきました。
 
 吹いてみたら、ガーガーァうるさいったらありゃしない!!でも、このお土産、桜まつり期間だったから「桜花賞」の賞品になりますね。嬉しい大当たりでした。ちなみに、この日(4月7日)は、2024年桜花賞のレース日でした。 

「ネコ缶」「プー缶」買う買う・缶カン [茶余飯后(洋スイーツ)]

猫のイラストが可愛くて
ネコ缶1.jpg
ネコ缶ほしさにチョコレートのお菓子を買っちゃった。
お裁縫箱(ソーイングボックス)にいいな[黒ハート]と思ったの。
この手の「猫缶商法」にまたもや、引っかかったのだわさ・・・。
ネコ缶2.jpg
 長年使っているお裁縫箱(缶カン)は、洋裁を習っていた頃に学校で買ったもの。持ち運びには、丁度いいけれど、もう少し大きめがほしいなと思っていた。
 
缶カンとスイーツの「一石二鳥」
チョコレート(モロゾフ)は、美味し可愛しだった。
 
ところが、ところガーーン
 蝶番缶のお裁縫箱(ハートの生地がデザインされた"Emico Collection")を使い慣れているから、蝶番のないフタは不便なのだ。ちょい不満を抱いていたのよね。
 
 「ROLLING STONE ブライアン・ジョーンズ~」の映画を観たあと、デパートの地下をぶらついていたら、偶然「くまのプーさん」の缶入りスイーツを見つけてしまったの。
しかも、蝶番付きでハンドルも付いている
トランク型の缶カン。
こっちの方が、お裁縫道具入れにぴったり~
くまのプーさん2.jpg
 ブライアン・ジョーンズの終焉の地、サセックス州の邸宅は、「くまのプーさん」の作者(A.A.ミルン)旧宅・・・。これはもう運命なのよ。
 
「プー缶」買い。
くまのプーさん1.jpg
マドレーヌ、クッキー、マシュマロのお菓子など
わたしには、もうオマケみたいなカンジ・・・?
買う買う・缶カン
~あの娘可愛いや(買うわいや)缶カンむすめ~♬

タイ舞踏☆傘の舞 [☆旅空百景]

昨年、誕生時の色に塗り替わった「別府タワー」
(開業当時は、地味な色だったんだね。)
別府タワー.jpg
4月6日 別府タワーと曇天
 この日、別府市政100周年と第110回の別府八湯温泉まつりを記念して、ブルーインパルスの展示飛行が予定されていました。
 展示飛行を見たくて、出かけたのですが、天候不良のため中止になってしまいました。5番機(リードソロと呼ぶらしい)が、上空を偵察飛行し、あえなく終了・・・というのをタワー近くのビル軒下から見学しました。
 
ブルーインパレスの雄姿を見ることができなかったけど
傘を使ったタイ舞踏のステージを観たりと
少しだけ温泉まつりを楽しみました。
温泉まつり タイの傘舞踊.jpg
タイ・スマイルを浮かべた、キュートなお嬢さんたちが
優美で可愛らしい踊りを披露し、楽しませてくれました。

タグ:別府

「ブライアン・ジョーンズ」在りし日の姿を求めて [☆映画(Cinema)]

小学生(9歳)の頃
ザ・ローリング・ストーンズに惹かれて
初めて心をときめかせた「ロックスター」が
「ブライアン・ジョーンズ」
 
見た目に魅かれるのは、少女の常というものよ。
ファッションセンスもスタイルも良くって
断トツ、カッコ良かったんだもん。
ブライアンジョーンズ.JPG
ということで、「ブライアン・ジョーンズ」
在りし日の姿を求めて
 映画「ROLLONG STONE ブライアン・ジョーンズの生と死」を観に行きました。こちらも一日一回、一週間限定の上映。最近は、短期決戦の映画鑑賞ばかりでございます。
 
ドキュメンタリーだから、「映画」とは言い難いですが
「映画」としては、面白くなかったです。
 
 動かない(写真)ブライアン・ジョーンズが多かった。既に見たことのある映像の使い回しもあり。例えると年代物(ビンテージ)の古布を使った「パッチワーク作品」。新しい布と古布とを繋げて仕上げているから致し方ないけれど、古布の配置バランスがよくない。ロックスターとして、光輝いていたブライアンの色調が、ぼやけて、影が目立ちすぎていた。雑な縫い方も気になってしまい・・・わたしには物足りなかったです。
 
ただの不審死なのか?事故死?あるいは殺人事件かも?
何年も取り沙汰されてきた、ブライアン・ジョーンズの死。
 当時を知る者としては「ドラッグとお酒」「プールに沈んでいた」が、ショッキングだったわ。
 
 肺の中にプールの水ではなく、真水(飼い葉桶の水?)が入っていたって。
謎はナゾのまま・・・
死因の記録は、75年間の封印ってことだそう・・・。
 
 犯人と推測される人物もすでに故人、元ガールフレンドのアニタ・パレンバーグなども2017年にお亡くなりになっているし、死人に口なしばかり・・・。アニタがキースといい仲になったからって、女で身を持ち崩すような男じゃないと思うけどな・・・。
 
「ストーンズのレコードを全部持っている女の子は・・・」
のくだり、仰る通りでございます。
 
 元GFのひとり、Zou Zouいわく「アニタには、暴力ふるったっていうけど、アタシにはそんなことしなかったわ。」には笑っちゃいました。「『Satisfaction』が下品な歌だと、毛嫌いしていた。」などの話も・・・。そして、Zou Zouのインタビューは、英語字幕付き(ズーズー弁)。
 
あらゆる楽器を上手く操れる
曲のアレンジに長けた
『器用貧乏』ともいえるブライアン・ジョーンズ。
そのプライドがゆえ、作詞・作曲に手を出せなかったのかも。
 ことに、Blues・Rock 'n' roll に関しては、譜面の読み書きができなかったり、音楽を学んでいない方が、有利な点もあるのかも?と思うの。
彼こそが「ワールド・ミュージック」を世に広めた先駆者
 生きていれば、敏腕プロデューサーになれたのではなかろうかと・・・。
残念すぎる早世。
 
 エンディングロールで「Alabama3」の歌う曲が面白かった。気分転換になって、笑って映画館をあとにすることができました。
「〔I'll Never Be 〕Satisfied 」

前の10件 | -