So-net無料ブログ作成
★茶余飯后 ブログトップ
前の10件 | -

抹茶の「まっ茶っちゃ・マジック」(その3) [★茶余飯后]

【「PRIDE POTATO」玉露と抹茶塩】
玉露と抹茶塩.JPG
湖池屋のポテトチップス
お芋(ポテチ)の誇りと意地を見せてくれたかな
時々、無性に塩気のものが食べたくなることがあります。
 このポテチ、ほんのりと抹茶と塩味がして、抹茶まっちゃしていなくて、爽やかな風味を感じました。抹茶塩というと、天ぷら・・野菜の天ぷらなどに、ちょこっと「抹茶塩」をつけて食べたような塩加減かな。美味しいポテチで、3回買いました。近頃見かけないけど、またお店に並んだら買いたいな・・・。

【八女玉露 チロリアン】
チロリアン.JPG
千鳥饅頭総本舗
「八女・星野村の玉露」を使った「チロリアン」
ほかの味のチロリアン、どれも大好きだけど
袋買いするときは、コレ「玉露」になります。
 
【宇治金時 琥珀】
宇治金時 琥珀.jpg
京菓子工房・都の美味しい和菓子
寒天と砂糖を煮詰めた「琥珀」という皮に
宇治抹茶味の大納言が、閉じ込められている
ジャリ、ジャリッとした食感の中から、宇治金時さんが、こぼれ落ちて
「抹茶と甘味の宝石箱やー!!」という感じ
「おいしゅおした」「また買わしてもらいやす」

タグ:和菓子 抹茶
コメント(0) 

抹茶の「まっ茶っちゃ・マジック」(その2) [★茶余飯后]

「まっ茶っちゃ・マジック」はさらに続き
 
シュガーバターサンドの木
【抹茶ショコラ】
抹茶ショコラ.jpg
東京の「おみや」で頂きました。
上品なお味の抹茶チョコレート(ショコラ)が
サクサク生地にサンドされた逸品、美味しかった~。
 
メリーチョコの関西限定
【宇治抹茶カカオフルサブレ】
メリーチョコ・関西限定.jpg
新大阪駅のコンビニエンスストアで見つけた、サブレ
メリーちゃんといえば、チョコレートなのだけど
「メリーちゃんも、近頃いろんなもの出してんだね」と
自分用の「おみや」に買いました。
ビターチョコとカカオが充満(フル)してる大人のサブレ
ひとり占めして食べてしまいたい美味しさでした。
 
【コンフェッテイ(Confetti)京都】
書いてみると、まるでホテルの名前みたい(笑)
コンフェッテイ.jpg
イタリア語が起源らしい「砂糖菓子・ばら撒き菓子?」
イトウ製菓のクッキー(6枚入り)で、3年ぐらい前から
毎月1~2回買っているほど、お気に入り[ぴかぴか(新しい)]
宇治抹茶の香ばしさとホワイトチョコがいい感じ
 
【松翁軒 碾茶(抹茶)カステラ】
松翁軒.JPG
長崎のカステラは数々あれど
我が家でカステラのお遣い物をするときはココ「松翁軒」
甘いものに目がなく、カステラにうるさい母の折り紙付き[ぴかぴか(新しい)]
かすてら.JPG
 宇治の玉露と煎茶をブレンドして挽いたお抹茶を使用しているとか、なかなか手が込んでいるだけのことは、あると思います。

コメント(0) 

抹茶の「まっ茶っちゃ・マジック」(その1) [★茶余飯后]

抹茶もんが、席巻している昨今
「抹茶」と名がつくと、何故かしら食べてみたくなる
お抹茶っていろんなお菓子と相性がよくて
「まっ茶っちゃ・マジック」を引き起こしておりますね。
そんなおやつの数々、いつしかあれこれ食べてしまって・・・。
 
【抹茶アーモンド】
食べやすい「個包」& 開けやすい「三角パック」
抹茶アーモンド②.jpg
抹茶アーモンド①.jpg
カリッ、コリッのアーモンドに
お抹茶パウダーをまぶしてる
コーヒーとの相性もバッチリ
                                        
 コープ商品に三温糖で蜜かけをした「くるみ」に黄な粉をくるませた(まぶした)「くるみきなこ」というお気に入りのお菓子があり。手についたきなこをなめつつ食べると、いつの間にやら中身がなくなってしまう・・・チャックシールなんて必要ないわ!というくらいなもん。
 
それを黄な粉代わりにほろ苦い抹茶でくるんだ(まぶした)
【抹茶くるみ】
抹茶 くるみ 2.JPG
抹茶くるみ.jpg
くるみとコーヒーも否応なしに合うのですね~
 
コーヒーとよく合う「ナッツ系」が
もう一丁あり〼  それは「カシューナッツ」
 【抹茶まころん】
抹茶まころん.JPG
栄太楼さんだから「飴玉?」と思うなかれ
カシューナッツの入ったサクサクの焼菓子で
辻利のお抹茶と和三盆の上品な甘さ具合が美味しい。
「マカロン」じゃないよ、の「まころん
 
 
CO-OP商品の「まころん」
【カシューナッツまころん 抹茶】
カシューナッツまころん.jpg
主な材料はカシューナッツと抹茶で
榮太樓さんと同じなんですが
こちらは、「てんさい糖」が使われています。
 
マカロンより好きだなぁと思ったら、「まころん」は和菓子に分類されるようですね。

【ぴょっちサブレ 抹茶】
≪ラッキーぴょっち≫の「にこにこぴょっち」が出てきたのに
 このぴょっちは、袋の中でお手打ちにあってたよ。
ちょっと待っちゃー・・・ああ゛あ゛
ぴよっち.jpg
 「ぴょっちサブレ」は、「ひよ子サブレー」の類似品?とか言い始めると「ひよ子サブレー」は「鳩サブレー」の・・・となってしまいますね。「(ひよ子・鳩)サブレー」は鳥さんが左向きだけど、「(ぴょっち)サブレ」は右向き・・・。と、いろいろ言うのは、やめときましょう。おかし(お菓子)なことに、なりますゆえ。

コメント(0) 

チロル◎チロル◎チョコート [★茶余飯后]

10円あったらチロルチョコ◎チロル◎チロル◎チョコレート[るんるん]
この唄が歌えたら、昭和の子ども
しかも、ちょっとどころか、かなり年を食ってますね(笑)
チロルチョコの誕生の地が、福岡は「田川市」だからか
「九州限定」もんは、なかなか頑張ってて、美味しゅうございました。
 
「ぴりっとゆずチョコ」は
フンドーキンとのコラボが利いて
ビスケット部分の食感、ミルクチョコと
柚子胡椒クリームのハーモニー
ゆずこしょうチロル.jpg
青柚子胡椒のスパイスが効いて
お父さんも喜ぶ、大人の味
お酒のおつまみにもピッタリだと思う。
白ワイン、スパークリングワイン、焼酎にも合いそう。
 
 

佐賀筑紫平野生まれのもち米を使った
[るんるん]ふたりで育てたもち米で作った筑紫もち
とっても可愛くなったって~』の
福岡銘菓・如水庵の「筑紫もち」は
筑紫もちチロル.jpg
お餅部分は「もちグミ」が入ってて
きな粉の香ばしさと甘い黒蜜ソースが
キャラメルみたいな味で
くちどけの良いチョコとからみあい
わたし好みのお味[ぴかぴか(新しい)]
 
九州限定もんは、どちらも21個入り
じっくりと美味しさを味わえました。
 
チロルご当地めぐりの岩手「かもめの玉子」
かもめの玉子チロル.jpg
どんなかな?と興味津々、期待して買ってみたけど
7個入りチョコをひとり占めしなかったので
よく分からないうちに食べ終わってしまいました。
ホワイトチョコを食べたって感じしかしなかった・・。
 
かもめの玉子はチョコ一個が10円玉2枚・・・。
10円玉1枚の時代が懐かしいです。

コメント(0) 

三昧羊羹 [★茶余飯后]

「あんず入いちじくクルミ羊羹」
いちじくくるみ羊羹.jpg
杏子無花果胡桃」の三つ巴、三拍子そろった、「贅沢三昧」なくらいの羊羹。それでいて、値段がお手頃なのがうれしい。

もっと洒落た包装にしたら高く売れそうね・・・。

見るからに、カロリーが高そうだよなぁと思いつつ
(羊羹は賞味期限が長いから防災用にもなるし←言い訳)
CO-OPのカタログに載ると必ず買う羊羹です。
甘くて美味しいものは、食べなきゃ損ソン
羊羹とコーヒーは相性がよいですね・・・ホント。

コメント(0) 

福よ来てぃ~キティちゃんの福豆 [★茶余飯后]

ハロー Helloな
キティちゃん商法です
引っ掛かりました[るんるん]
キティ福豆 (2).jpg
豆まきの室内用は→落花生
キティ福豆.jpg
福よ来てぃ~

タグ: 縁起物
コメント(0) 

美味しい切り株◎治一郎のバウムクーヘン [★茶余飯后]

バウムクーヘンをお土産で頂きました。
  「バームクーヘン」ぢゃなくて「バウムクーヘン」のようです。
 「治一郎」
「どこの爺や、や?」って名前、って思ったけど。
治一郎.jpg
食べてびっくり[黒ハート]今まで食べたことのある
バウムクーヘンとは
月とスッポンの切り株
しっとりふんわりした切り株
ケーキみたいな切り株
妖精さんが作ったん?
こんなに美味しいバウムクーヘンがあるとはつゆ知らず
まだまだ未知の甘いもん、美味しいもん
食べたいもん[るんるん]

タグ:洋菓子
コメント(0) 

★☆紅白菓子合戦 [★茶余飯后]

迎春用のお菓子をいくつか買って食べました。

おめでたいものは、「紅白」色ですね。

ということで

 紅白★☆菓子合戦

まずは紅白パックの『キットカット』
紅白パック.jpg

個包が赤と白に分かれてて、紅組はいつものふつうのチョコ

白組がホワイトチョコ 外包装以外は、何ら変哲もないもので

おめでた度も低くめ、ちょっと残念な感じがしました。


こちら、東北は(岩手)の銘菓『かもめの玉子』
かもめの玉子.JPG

ころんころんとミニサイズの玉子が紅・白に分かれています。
のし付の個包装も手が込んでいるし、キレイ
お手土産やお年賀にもピッタリ
かもめの玉子 紅白.JPG
おめでた度もダントツ高く
丁寧に作られた銘菓の重みを感じます
薄いチョコのコーティングと
黄身の餡をカステラがやさしく包みこむ味のハーモニー
愛らしさと美味しさに大満足
わたしは、レギュラーサイズより
ミニの方が食べやすくてお気に入り
                                     
そして、南は九州・福岡銘菓『雪うさぎ』
紅白のうさぎ 祝兎(しゅくうさぎ)
祝兎.jpg
紅白ともに中身は白餡
紅組は、いちご(苺)の「雪うさぎ」さんで
白組は、いつもの「雪うさぎ」さん
おめでた度も高いわ
可愛さがいっぱいあり
ほんわり雪解けのような
マシュマロのなめらかな舌触りが美味しい
白餡がちょっと苦手なわたしだけど
「雪うさぎ」は好き
                                               
 「雪うさぎ~雪うさぎ、あなたのお目目はなぜ赤い~[るんるん]」と≪雪うさぎ≫のCMソングを歌いながら、紅白を並べてパクついていたら
 子どもの頃に買ってもらった「うさぎのファー襟巻(マフラー)」のことを思い出しました。うさぎのふわふわ毛でできた、マフラーというより襟巻といった方がいいのかな。
 姉が白で私はピンクという姉妹で色とサイズ違いの襟巻。クリップで襟巻を留める形になっていて、クリップ側の表にキツネのような目・鼻(顔)が付いていた。
 小学校入学前(幼稚園の冬)のある日に、私はその顔が怖いというか(目が睨んでるようで)気持ちが悪くて首に巻けず、断固拒否。
 姉は「ぬくぬく暖かいよぉ」とか言って嫌がる私を笑ってたし、母も「これは作り物で本物の顔じゃない」とか「噛みついたりしない。こんなもの恐くない、大丈夫」とか言ってなだめつつ、すぐ泣くし、言い出したら聞かない私に苦笑してた。
 すっかり嫌われ者のピンクのうさぎの襟巻は、洋服ダンスに閉じ込められたのち、一番年の近い従妹のところに貰われてゆきましたとさ。めでたしめでたし。
雪うさぎ.JPG
色違いのうさぎの襟巻を連想させた
ほわほわな「雪うさぎ」
初春の慶びと懐かしい思い出を
一緒に運んできてくれました。
                      
           紅白☆菓子合戦は            
『かもめの玉子』と『雪うさぎ』の
引き分けということで、お開きにいたします。

コメント(0) 

「贅沢抹茶」のおみやげ [★茶余飯后]

[いい気分(温泉)]別府温泉のホテルのお土産コーナーで見つけた。
贅沢抹茶.jpg
[いい気分(温泉)]【温泉地限定】って響きに
特別な心地よさを感じて、食指が動いた[ぴかぴか(新しい)]
お土産に、そして自宅用(お味見)にも買ってみた。

「贅沢」というだけあって
お抹茶が「濃厚」
というより
「抹茶をしっかり練り込んでます」って感じがした。
たまには、贅沢もいいもんだ。

コメント(0) 

しょうがせんべいとお大師様 [★茶余飯后]

しょうがせんべい②.jpg
しょうがせんべい

ずっと、探しているのです。

 小学生の頃、ご近所の履物屋のおばちゃんが、お大師様のお世話をしていらっしゃいました。学校帰りに呼び止められる日は「お接待の日」でした。いつもきまって「しょうがのおせんべい」を頂いて帰っていました。ほかのお菓子も頂いていたのだけれど、とりわけ「しょうがせんべい」

その素朴な味が忘れられません。

しょうがせんべい①.jpg
今回はこのおせんべいを見つけて買ってみました。
 形は同じだけど、サイズが一回りほど大きく、生姜のきき方が足りず。美味しいけれど、これもまた記憶の味ではなかったのです。この形のしょうがおせんべいは数あれど、どれもちょっと違ってるのです。                                
 それと、もうひとつ別のしょうがせんべいがあって、それは似たものも探し出せないまま・・・3センチ位の小判型で、食感と厚みが「雪の宿」みたいなしょうがせんべい。実はこちらのほうがお気に入りでした。
                                        懐かしの「しょうがせんべい」探しは
まだまだ続きそうです。

コメント(0) 
前の10件 | - ★茶余飯后 ブログトップ