SSブログ
☆雑記帳 ブログトップ
前の10件 | -

「龍の置き物」と「青い龍珠」 [☆雑記帳]

 県埋蔵文化財センターで「オプカルのリュウの宝を探せ! お宝発見スタンプラリー」に参加して運だめしに挑戦。
「大吉」を引き当て『龍の置き物』を手にしました。
(実は、わたしは「中吉」 家人が「大吉」でした。)
 
「可愛らしく温かみのある粘土細工」
手作りの龍(限定数30体とのこと)。
粘土細工の竜 大吉.jpg
 
「昇龍」の願いをこめて
 100均で買ったコレクションボックスに入れて飾っております。
美濃焼のミニ辰.jpg
1頭では、寂しげに見えたので
半額セールで見つけて買った、美濃焼の置物
「ミニ辰ちゃん」と一緒に並べています。
「ミニ辰ちゃん」は「厄除け」の白玉を持っているのです。
  
ところで、今日お庭の雑草取りをしていたら
「竜のヒゲ」の中から青い玉を見つけた。
「なんだこりゃ!!」って
初めて見る綺麗な玉にタマげたよ~!!。
竜のヒゲ・青珠.jpg
ラピスラズリみたいな玉(実)がヒゲに隠れてた。
 
まさしく、竜のヒゲの「龍珠」
ラピスラズリは「天空を象徴する聖なる石」といわれるとか・・・。
とても神秘的な響きがしてステキ!!
 
 この宝石にも似た実(龍珠)を植えると「玉竜」もしくは「竜のヒゲ」が誕生するそうです。
 どっちの植物になるか分からないという、「鬼が出るか蛇が出るか?」神出鬼没ともいえる龍珠なのでした。

阿蘇神社の黄葉 [☆雑記帳]

 市内にある「阿蘇神社」の黄葉
阿蘇神社2.jpg
 阿蘇市一の宮町にある『肥後一之宮・阿蘇神社』のご分霊をお祀りしている神社
境内をぐるっと囲むようにイチョウの木が植えられて
美しい黄葉を楽しめる神社として知られています。
 
阿蘇神社1.jpg
落葉で黄金色のカーペットが敷き詰められる。
阿蘇神社.jpg
 ふだんは地味で目立たない神社ですが、イチョウの葉でゴージャスな姿に変容。
阿蘇神社3.jpg
 熊本地震で甚大な被害を受けた阿蘇神社の楼門が、7年8ヶ月の月日を経て復旧。いつの日か列車に乗って阿蘇まで出かけたいなと思っています。美味しかった、牛肉巻きの「ばふんおにぎり」をまた味わいたい~。

タグ:黄葉 神社

◎おさるのおしり◎ [☆雑記帳]

おさるのおしりクッション
お猿のおしりクッション.jpg
半分にたためて、バッグにもなる「シートクッション」
高崎山・入園口の物販コーナーで買いました(¥900)
 
 先月、高崎山へ行ったとき、今年から大人の仲間入りをした♀女の子のおサルさんのお尻が、このイラスト以上に赤く腫れているのを見て、びっくりしました。色鮮やかに大きく腫れあがってました。痛くないかなと思うくらい腫脹したお尻ちゃん。思わずシャッターを切り、一枚だけ撮ったけど。恥じらい盛りでもある乙女の後ろ姿はお見せできないわ・・・。
 
 お山に恋の季節が訪れていました。

「せうゆ」いろいろ [☆雑記帳]

「せうゆ」いろいろ増えて〼
せうゆ1.jpg
せうゆ(お醤油)冷蔵庫内に6本
せうゆ2.jpg
いつの間にか我が家のお醤油も用途別に増えて
お料理に「こいくち」「丸大豆生」
  かけ醤油として「木樽醤油」「あまくておいしい」そして、料理用と兼用で「吉野杉樽天然醸造」
 九州の醤油は甘辛いものが多いなか、「あまくておいしい」は、意外とクセになる甘さです。鰹の風味のお醤油なので、焼いたお餅に砂糖醤油かわりにして、食べたてみたら、とても美味しかったです。
 「にんにく醤油(ユワキヤ醤油)」は、カレーなどの隠し味にしたり、炒め物料理に使ったりしています。
 別府の「カトレア醤油」は、叔母から「煮物などこれ一本ですむ」とすすめられて使い始めました。最初は分量がつかめなかったんですが、卵料理との相性がバッグンなので、欠かせないお醤油になりました。(近ごろでは、デパートでも買えるほど有名な醤油になりました。)
 昭和の時代、母は「こいくち」「うすくち」「刺身しょうゆ」の3つを常備して使っていました。
 昨今、お醤油の種類も増え、「うすくち」は余ってしまうので買わなくなり、代わりに「白だし」などのだし入り醤油が便利なので、主に使うようになりました。
 「お刺身しょうゆ」もお正月用などにミニボトルを買いますが、切らしたら「木樽醤油」や「吉野杉樽」などを使っています。
 
 ところで、昨年の秋に臼杵の「フンドーキン」の工場に行く機会があって、醤油を熟成させている巨大なタンクや吉野杉の大樽や製造工程を見学しました。
世界一の醤油木樽.JPG
いつも買っているお醤油を
熟成させている吉野杉の樽、カナダ産のヒバ樽
臼杵の食(醤油コース).jpg
そして、ステンレスでできたタンクなども見学
時間をかけて美味しいお醤油が作られていました。
 醸造の町といわれる臼杵市が、ユネスコの「食文化創造都市」に認定されたという理由がわかりました。そして、お醤油醸造の奥深さも実感しました。

タグ:別府 醤油 臼杵

トークイベント"朝倉文夫を語る" [☆雑記帳]

朝倉文夫 OPAM.jpg
 朝倉文夫生誕140周年記念で「猫と巡る140年、そして現在」がはじまりました。
 
 開催初日に、谷中の台東区立朝倉彫塑館の主任研究員さん、朝地町の朝倉文夫記念館の館長さんらの登壇という、超目玉なトークイベントがありました。
 この日、お話を伺ううちに『高崎山のジュピター像』は「自然主義的写実描写」&「アサクリック」から鑑みると、自然に囲まれた今の状態こそが、あるべき姿なのだと思いました。
 現在、遊歩公園にある「みどりのかげ」像はブロンズになっていますが、以前の姿は白い像でした。
 「みどりのかげ」はブロンズと白(セメント)では、ずいぶんと印象が違って見えます。
 わたしは白い像の方が好きです。
 公園の東側に親戚の家があるので、幼い頃からその白い像を見慣れていたため、白い像が気に入っているのかなと思っていましたが、トークイベントで主任研究員の戸張さんが「朝倉は、白が好きだったと思われる」というお話があって、「やっぱりね」と腑に落ちた気がしました。ちなみに、その白い「みどりのかげ」は、大分市のコンパルホール内と朝地町の記念館に展示されています。

リペア(修理して使いたい) [☆雑記帳]

 デスクチェアの昇降部分が故障して、とうとう寿命が尽きたかと、新しい椅子の購入を考えつつも、デスクと対になっているので、できれば修理して使いたいと思い、取扱できる家具店さんに相談して、見積を依頼してみた。脚の部分を取り換えることで修理ができるとのこと。メーカーの工場へチェアを送り出してから、約2ヶ月が経ち、新しくなった昇降回転式脚で生まれ変わった姿になって先日、家へ帰ってきたのだ。
カリモクのチェアー.JPG
やっぱり、流石なのよね~「カリモク」さん
 修理代金は、ごく普通のデスクチェアが買える(ただし、カリモク製は到底買えない)金額だったけど、とっても満足してる。
 
 ここ数年、以前にもまして、修理(リペア)できるものは、修理して使うようになっている。心ときめく新しいもの(商品)が見当たらないし、品質のよい納得のいくものにも出会えないからかもしれない・・・こりゃ、年のせいも有るかもな・・・。
 
リペア.JPG
 このショルダーバッグは、内側の袋が合皮だったので、経年劣化してボロボロになってしまっていた。日本の帯生地を使ったフランス製で、お気に入りだったから、思い切って修理に出した。布製で新しくしてもらった内袋は、赤の合皮から黒の布地になったので、以前より見栄えが良くなった感じの仕上がり。お直しや修理を頼むたびに思うのだけど、日本の職人さんたちの腕は凄いのだ。
だから、これからも
『リペア(修理)して、使えるものは使いたい』
『修理できるものは、修理してもらいたい』

タグ:バッグ

青鯛の「おみくじ」 [☆雑記帳]

「一年安鯛」を願って釣り上げた青鯛

一年安鯛 みくじ2023.jpg
「凶だけは、出ませんように」と願ったら、「大吉」が出て
うーーん、2年続きの「大吉」
素直に喜べば良いのに、ちょっと当惑のわたしでありました。
 
ところで、こんなもの持ってます。
江戸(東京)の職人さんが作った
おみくじ筒の「貯金箱」
おみくじ1.jpg
いいお仕事をされてます。
おみくじ2.jpg
実はこの「おみくじ」には「凶」は入っていません。
「大吉・中吉・小吉」が出るので、安心して引けます。
 
ともあれ、今年も一年が安泰(鯛)で過ごせますように

海老で鯛を釣ったら「大吉」だった [☆雑記帳]

花屋さんで好きな花色の鉢植えを見つけて買いました。
【プリムラ】
プリムラ.jpg
和名の「桜草」らしく春を感じるお花ですね。
 
 コロナ禍で、季節の変わり目の意識が薄れている昨今、初詣も先送りしていた先週のこと。「今年の節分の「恵方巻」は、どうなさいますか?」と母の代から馴染みの料理屋さんから電話があって、つい予約をしそびれて(忘れて)いたので、大助かりでした。
 そして、節分も近くなってから、あたふたと神社へ参詣とお札を納めに行ってきたのでした。
 

今年も「一年安鯛」のおみくじ引き
一年安鯛 大吉.jpg

 今回の釣り竿は、釣り針ではなくて、プラスチックの可愛い海老形のフック竿にチャレンジして、釣ってみました。黒鯛を狙ってみたけど、海老の尻尾がフックなので釣りにくくて断念。釣りやすかった赤鯛にしました。

海老で鯛を釣ったら「大吉」だった。
おみくじ.jpg
【第四三番おみくじ】
今年は「大吉」になりました。
 一年安鯛おみくじを引き始めた、この四年間で、「末吉→中吉→中吉」から「大吉」へと、たどり着いた感じです。
 
遅くに詣でたけれど、この「大吉」は
 のこり福【残り物には福がある】だったのかもしれないなと思います。
~皆さまにとっても、よい一年でありますように~

注文ミスが怪我の功名? 失敗は成功(当選)の味の素?! [☆雑記帳]

またやってしまった注文ミス
 新聞など古紙を縛るための荷物紐を頼んだはずなのに、別の商品が届いてしまった。下2桁の番号違いだった。しかも「トイレットペーパー半ケース(24ロール)」の箱買いをしてしまったのだ。
 
 数年前にもトイレットペーパーを2パック(計12ロール)を注文したつもりが、間違ってケース売りの番号に2と記入してしまい、1ケース48ロール入りが2箱届いて、合計96ロール(16パック)のトイレットペーパーの山が到着して、置き場所に難儀したことがあった。
 このトイレットペーパーは芯なしで、長さがふつうのトレぺの約2倍、我が家の使用量は、1ヶ月に1パック(6ロール)未満なので、ざっと計算しても、一年半から二年分を買い置きしてしまったのだった。今回の半ケースについては、「なーに、キズは浅いぞ」って感じ。
 箱(ケース)買いといえば、2年前の2019年夏に、宮崎県の清涼飲料水メーカーのドリンク(ペットボトル入り)を2本注文したつもりが、2ケース(1ケース24本入り)が届いたというミスが発生。どどーんと48本も到着してしまった。
 
でも・・・
「注文ミスが怪我の功名?」という出来事が起きちゃった。
宮崎牛.jpg
 ちょうど、その時期に「サマーキャンペーン」があり、応募したら、B賞「宮崎牛500g」が当たった。(A賞の現金10,000円を当てたくて、そっちを主力に応募したんだけど・・・。)
焼肉にして頂いた「宮崎牛」モーー美味しかった~!!
「失敗は成功(当選)の味の素?!」になったの。
 
 「わたし、失敗しないので」とは言えない、わたし・・・気をつけなくっちゃ~!。

買い出しトートバッグ [☆雑記帳]

「ボンジュール・レコード」のBAG

以前は、よく使っていた肩掛けトートバッグなので
とうとう、くたびれた姿になってしまいました。
キャンバス地だから、洗いに耐えて丈夫だし
 捨てるのも忍びないから、プチリメイクをほどこしました。
 ひもだった部分をバッサリ切り、バンブーの手さげを取り付けるようにしました。(レコード盤に見立てたボタンは以前から取り付けてました)
ボンジュールレコード.JPG
レコード盤(LP)が、10枚は入るかな?
買い出しトートバッグとして
もうしばらく、活躍してもらいましょう~!。

前の10件 | - ☆雑記帳 ブログトップ