SSブログ

ひょうたん温泉 [ほっ!とスプリング(温泉)]

約5年振りのひょうたん温泉

そして、今年初の「温泉入浴剤ではない」
「源泉かけ流しの温泉入浴」となりました。
ひょうたん温泉①.jpg
 ココは、赤ちゃん時代に温泉デビューをした場所でございます。

  ミシュランの影響が続行、インバウンドも重なってか、さらに観光客が多くなっています。(直行のエアライン再開もあり、韓国からのお客様が目立ちます。特にアジュンマたちの入浴行動の数々が凄くて、おもわず目を疑ってしまいます・・・。)
 
ところで、別府八湯温泉道
温泉行脚のついでに
ひょうたん温泉②.jpg
ビニール袋付きタオル(250円)を買ってみました。
お目当ては「黄色いタオル」
 100枚のうち一枚だけ(100分の一の確率)
封入されていると聞き及ぶ「黄色いタオル」
 
袋を開けずとも、透き通って見えてましたが・・・。
ひょうたん温泉③.jpg
ふつうの白いタオル
すなわち、外れのタオルでした・・・。
 
 冬場なのに大浴場の湯温が、鉄輪エリアにしては熱くない設定になっていたので、『昔は赤鬼くらい赤くなってたぞ~!』と少々不満をもらしたりしましたが、十分温まれ湯冷めもせず帰宅いたしました。そして翌日、身も心も軽くなりました。

「見た目は造花」ポトスエンジョイ [★花聴風月(Flower)]

『ポトスエンジョイ』は
一風変わったポトス。
ポトスエンジョイ2.jpg
まるで「見た目は造花」なポトス
 「永遠の富」「華やかな明るさ」というステキな花言葉があると、最近知りました。(咲いた花を見たことがないから、花言葉って??だけど)。
 
4年前のこの時期、花屋さんで一目ぼれして買い求めました。
 日当たりのよい窓際に置いたら葉焼けしたので、室内の電灯下が定位置になっています。
 
こちらが、2年前から伸びた葉を挿し育てている鉢。
ポトスエンジョイ1.jpg
買った時は、ちょうどこれくらいの大きさでした。
ポトスとしては、旺盛と言えない成長ぶりです。
でも、少しづつ育つ姿が、可愛らしくて愛おしいポトス。
なんといっても最大の魅力が「美しさ」です。

タグ:グリーン

「帰ってきたぞ」ゴーストワールド [☆映画(Cinema)]

去年の暮れ、映画館のスクリーンで
「ゴーストワールド」を観ました。
イーニド.jpg
長らくご無沙汰していた映画館行きの復活。
わたし自身「帰ってきたぞ」となりました。
 
 公開当時、映画館(KBCシネマ)で2回観ていて、DVD・サントラCDも持っているし(パンヤの入った人形付きのボックスセットまでも…)
 内容丸わかりのコメディーだから、映画館行きのリハビリに丁度いいと思って、出掛けたのでした。
 12月の検診で、担当医から「行動制限がないのだから、身体が動けるうちにお出かけした方がいいですよ」と後押しされました。有難いことに検診の間隔も若干、長くなりました。長時間の座位は、しんどかったけど外出への弾みがつきました。
 20年以上前には気づかなかったことが、イーニドと父親との関係だった。良好とはいえなかったのか・・・。
 
 そして、新年があけた元日。テレビ番組も面白くないので、午後から映画のおさらいをすべく、DVDで「ゴーストワールド」を鑑賞。見ていなかった特典映像も観終わって、デジタル放送に切り替えた途端に「震度7」「津波避難」の画面が現れ、茫然となりました。
 被害の状況がこれほどまで深刻だとは・・・もう、言葉になりません。被災された方々が、一日も早く安心した生活がおくれるようになるよう、お祈りすることしかできません。
 「防災」「減災」を考え直さなければと思い、明日は我が身と切実に感じています。

枯れ葉(舞って 落ちて 飛ばされて) [☆映画(Cinema)]

 紙面で紹介された映画のワンシーンだけで、監督が誰だか分かってしまうという独特の雰囲気。迷い込んだら最後な不思議な世界。
枯れ葉1.jpg
アキ・カウリスマキの描く数奇な桃源郷
アンサとホラッチョのラブコメディー
 
久しぶりの新作鑑賞で、今年初の映画。
動きも台詞も少ないから、安心して見ていられた。
 
 アンサ役のアルマ・ボウスキは美人な面立ち。ニコール・キッドマンを平凡かつ庶民的にして、間延びさせた感じ。身を粉にして働く姿が「ドッグヴィル」のグレースと重なったからかも・・・。
 ホラッチョは、「過去のない男」みたいに記憶喪失にはならなかったけど、アルコール依存症から抜け出せたし、病院の酸素吸入器で美味しい空気を吸い、どうやらニコチン依存症のほうも治ったと思えて、とってもほのぼのとした気分になれた。
 
 それにしても、飲んだくれのホラッチョ、バス停で泥酔している姿が犬っぽく見え、グレーハウンドの入った雑種犬みたいだった。ノラ同然の男を見捨てられないアンサったら・・・。
 
名演技のワンコは、アキ監督の飼い犬なんだって!!
さりげなく寄り添う感じがたまらなかった。
枯れ葉2.jpg
  ワンコの体型を観察して♀女の子と判定。なのに「喜劇王」の名前が付けられてるとはね!!。
 
仏頂面の姉妹バンド「マウステテュトット」の曲「悲しみに生まれ失望に身をまとう」がいい味をだしてた。
歌詞の「私は囚人、永遠に 墓場すらフェンスだらけ」がグサリ・・・。
 
 ラジオから流れる「竹田の子守歌」
 1970年代に「赤い鳥」が歌い、放送自粛になってしまった曲。アキ監督はその経緯を知った上で、意図をもって選曲したのでしょう・・・。
 
舞って 落ちて 飛ばされて
雨にうたれ 踏まれても
枯れ葉は くじけない。
 
 アンサが働く工場で作っている重機(?)が、奇妙な形をしていて、食肉工場を連想させるものだった。工場の描写が出てくると当然、「キム・ギドク」も連想してしまったわ・・・。
「気狂いピエロ」のポスター、「はなればなれに」の話題が飛び出してきて「あらら~・・・。」
 その日は、映画を観終わった足で「はなればなれに」でアンナ・カリーナが履いていたデザインに似たパンプスを試し履きするため、靴屋さんに寄ることにしていた。結局、目星を付けていた靴より、ヒールも値段も高いほうを買っちゃったのは「枯れ葉」の台詞に「はなればなれに」が登場したからかも・・・。

タグ:どうぶつ

2024-01-01 [猫コレ♡にゃんにゃん]

あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いいたします。
賀正 2024.jpg
まねき猫を集合させたポストカードでごあいさつを。
ブログに訪れた方々にたくさんのご利益と
幸運が舞い込みますように~と願っています。
健康で幸多い一年でありますように~
 
 映画や音楽、温泉よりも、おサルさんの話題が多い傾向となっています。
さらに、楽しいブログになるように精進したいと思います。
 
 新年を待つことなく、年末に店頭(食品売り場)に並んだ「福袋」(珈琲、お菓子、レトルトカレー、カップスープなど)を確保(ゲット)。年明け早々から福袋で右往左往しないようにして、自宅でのんびりと過ごしています。

△来年も目が離せない「お山の動向」△ [☆旅空百景]

いよいよ年の瀬も迫ってきました。
 
今のところ、B群の第1位の座にいるゴロー。
 最近、B群とサル寄せ場に出ることがなく、C群に恋人ができたようだとのこと。B群から離れたとみなされそうな今日この頃です。心中穏やかではいられず、確かめるべく山へと向かいました。
高崎山 年末2023.jpg
高崎山 年末1.jpg
 おサルさんたちには、いつもと同じ寒い冬
そして恋の季節
高崎山 年末2.jpg
 現在、B群第8位のマルオも来園者(ファン)サービスよりも、お相手探しに忙しそうな様子でした。
ヒトエ .jpg
 可愛らしいおばあちゃんザルのヒトエ
 後ろ姿から、ハジメ(昭和生まれの最年長♂)と間違えてしまったのよ。ゴメンネ。
 そのハジメじいちゃんは、数日前に20歳そこそこの若い彼女ができたとのこと。スタッフさん(男性)が、大喜びで熱弁をふるっていらっしゃいました。まさしく『生涯現役』を貫いているスーパー爺ですね~。
 
サヤカは、自分のペースで過ごし元気そうでした。
高崎山 年末3.jpg
 メインイベント、リヤカーの「お芋取り競争」でサヤカは、懸命にお芋を2つ拾い上げ、脇に抱え込んでいましたが、横から飛びかかってきたサルに1つ強奪されてしまいました。どさくさ紛れの、かっぱらいに腹が立ちましたが、1つ確保できてよかったと思うしかなかったです・・・。
 
その「お芋取り競争」スタート直前の場面がこちら。
おサルさんたちは満を持して、スタンバイしております。
高崎山 年末5.jpg
そして、リヤカーが走り出したら
高崎山 年末4.jpg
わずか10秒ほどで、カンカンカーーン[時計]終了
 
 お目当てのお芋を手にしたおサルさん、取れなかったおサルさんも皆、一目散に、そして三々五々に、山へと帰って行きました。
 サヤカは二本足で、周りに注意しながら慎重に、2~3歩あゆんでは休みながら、しっかりと石垣の階段をのぼって帰っていました。頑張るサヤカの姿を見守り、見送ってから下山しました。
  
ところで
今のところ第2位の「オオムギ」
下の写真は11月のオオムギ(右)
オオムギ.jpg
 恋の季節が始まりかけていた頃で、毛づくろいしてもらっていました。
 でも、この日のオオムギは、気に入ったメスザルを追いかけて、飛んだり走ったりと大忙しでした。
 
ゴローの姿がないB群
オオムギが第1位の座につきそうな悪い予感が・・・。
来年も目が離せない「お山の動向」です。

What The World Needs Now Is Love [☆音楽(Music)]

Merry Christmas
what the world needs.jpg
 
 今年は無理だったけど、来年は教会でごミサにあずかりたいと思いながら、クリスマスを迎えています。
 イエス・キリストの生誕を祝うだけでなく、ただ争いのない世の中になるよう、世界の平和を祈りたい気持ちでいっぱいです。
Rumer
What The World Needs Now Is Love

ストリングアートのツリー [お手製(Hand made)]

釘と毛糸のストリングアートで
クリスマス飾りを作るワークショップ
(2019年)に参加して作ったものです。
ストリングアート2.jpg
今年は100均で買った木製のミニイーゼルにのせて飾りました。
  
~作品の見本はこちら~
ストリングアート1.jpg
星は赤色か黄色を選べました。
 
 (自作はステンシルのちりばめ方が下手っぴ)
  
楽しいワークショップ体験でした。

阿蘇神社の黄葉 [☆雑記帳]

 市内にある「阿蘇神社」の黄葉
阿蘇神社2.jpg
 阿蘇市一の宮町にある『肥後一之宮・阿蘇神社』のご分霊をお祀りしている神社
境内をぐるっと囲むようにイチョウの木が植えられて
美しい黄葉を楽しめる神社として知られています。
 
阿蘇神社1.jpg
落葉で黄金色のカーペットが敷き詰められる。
阿蘇神社.jpg
 ふだんは地味で目立たない神社ですが、イチョウの葉でゴージャスな姿に変容。
阿蘇神社3.jpg
 熊本地震で甚大な被害を受けた阿蘇神社の楼門が、7年8ヶ月の月日を経て復旧。いつの日か列車に乗って阿蘇まで出かけたいなと思っています。美味しかった、牛肉巻きの「ばふんおにぎり」をまた味わいたい~。

タグ:黄葉 神社

落ち葉のメッセージ [☆旅空百景]

ラクテンチからの帰り道
別府温泉の総鎮守「八幡朝見神社」へ
朝見神社 いちょう2.jpg
駐車場側の鳥居下に落ち葉のメッセージがありました。
 
朝見神社 いちょう1.jpg
愛する(ハート)べっぷ温泉
 
 「ラクテンチ下(流川18丁目)」バス停の前には、秋になると黄金色に染まる、それ其れは美しく、目を引く大きなイチョウの木がありました。温水プール跡地に市の学校給食センターが建ち、そのイチョウの木は消えてなくなりました。寂しい風景になってしまったなと思う気持ちをイチョウ葉のメッセージが、少しだけ軽くしてくれたように感じました。