SSブログ

**Celtic Xmas in Sasebo** [★ライブ(Live)]

佐世保で行われたケルテック・クリスマスは、スコットランドのラウー(LAU)公演

バンド名の「LAU」とは、スコットランドのオークニーの言葉で「太陽光・自然光」を意味するそう・・・その温かく目映く光る、いぶし銀の輝きに、思わず「クラクラ」と、お目目が眩んでしまいそうに・・・。

アコーディオン、ギター、フィドルの三人衆

『メンバーが、たったの三人なのに重厚でスケールの大きいサウンドの凄いバンドだわぁ・・・。』と、目前に繰り広げられる光の祭典に思わず身を乗り出して、目を見張るばかり・・・→食い入ってしまったというほうが、相応しいかも。

アコーディオンのボタンやボディを、パーカッションよろしく叩いて、格好よくリズムをとるわ。足元に並べられたアタッチメントの数々を器用に操作するわ。今にも椅子から転げ落ちそう?と目の離せない、前のめりの演奏姿勢のマーティン。

正統派の流れをくんでいるような歌い方のボーカル、アコーステック・ギターで、只者ではないスライドギターも披露してくれたクリス。

Yin&Yang(陰陽)のフィドルのうち、私の範疇では"Yin"に属するフィドル音を操るエイダン。この日、「映画『ノルウェイの森』を鑑賞して、泣いた。」とか・・・。優しく繊細で、憂いのある音色を奏でてくれました。アンコールで、私の後方に座っていた男性が、「いいねぇ!」と声を上げていました。素晴らしいフィドルに、つい唸ってしまったその気持ち・・・解ります。

(12月17日(金)アルカスSASEBOイベントホール)

三浦町教会.jpg

 「三浦町カトリック教会・聖心天主堂」

会場近く、佐世保駅前のランドマークともいえるこの教会は、昭和6年に建てられたという、来年で80年を迎えるゴシック建築。その荘厳な佇まいは、佐世保を訪れるたび、心を和ませてくれます。第二次世界大戦時には、空襲の目印になるからと、建物が、黒く塗られた歴史があるそうです。今日、明日はクリスマスのごミサですね・・・。

[ぴかぴか(新しい)]Merry Christmas [ぴかぴか(新しい)]


コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0